出雲地区本部

営農指導・販売事業

出雲地区本部管内の農業

出雲平野は、県内屈指の穀倉地帯となっており、稲作をはじめ、ぶどう・柿・いちじく・メロン・しいたけ・ブロッコリー・青ねぎ・アスパラガスなどの県を代表する特産物が生産されています。

出雲市西部の砂丘地帯は、ぶどうの一大生産地で、全国各地の市場へ向けて出荷されており、また、多伎町はいちじくの産地で加工品は全国で高い評価を受けています。
畜産については、管内中山間地域を中心に和牛、酪農に取り組み『いずも和牛』としてブランド化を進めています。

JAしまね出雲地区本部では、厳しい農業情勢の中、行政とワンフロア化した農業支援センターによる取り組み、1ブロック1農場体制の確立、農業後継者育成基金の造成や、JA主導型農業法人の設立による新規就農者の育成確保、農地保有合理化事業による集落営農の促進、行政とタイアップした転作作物の拡大など、地域農業の振興に積極的に取り組んでいます。

農畜産物

農産

特産

畜産

組織活動

営農の取り組み