雲南市 「農事組合法人すがや」

すがや1.jpg

 農事組合法人すがやでは「島根県の補助事業」とJAしまね農業振興支援事業「しまね農業いきいきプラン」を使って対風雪型ハウスを建設しました。

 吉田町菅谷地区は標高が400メートルからなる典型的な中山間地域であり、良質米と夏秋野菜が取れる環境に恵まれていますが、冬季は1メートル近い雪に覆われるため、毎年、ハウスのビニールをはずす必要があります。

 生産者が高齢化するなか、その作業も難しくなってきている現状を解決するため、「中山間地域農業の生き残りをかけて」をテーマに島根県とJAに協力をお願いしました。

 事業を活用したことにより、無事に対風雪型ハウスを建設することができ、その効果として、広い空間の中で水稲育苗、アムスメロン、玉レタス、ほうれん草と年間を通じて生産活動を営めるようになりました。また冬の豪雪の中でも倒壊の心配もなく次世代に残せる、すがやの財産となっています。

 ご協力していただいた皆様方に本当に感謝いたします。ありがとうございました。

すがや2.jpg

JAしまねの自己改革へ>>

JAしまね「懸賞生活」