JAしまねの自己改革について

チャレンジ自己改革ロゴ.jpg

JAしまね組合員アンケート調査結果について~組合員のみなさまへ~

 当JAが取り組む「自己改革」の一環として、組合員の方々からJAしまねへの評価を認識するとともに、多様化する組合員の皆さまを類型化し、それぞれのニーズやJAとのつながり等を「見える化」することにより、組合員・地域住民から必要とされ、組合員とともに「食と農を基軸として地域に根ざした協同組合」を目指すため、JA全中を中心に開発された「組合員アンケート」を活用し、JAしまね独自質問項目を含めたアンケート調査を実施いたしました。その調査結果をご報告します。

 

アンケート結果はこちらです>>

 

JAしまね自己改革PR冊子を作成しました

自己改革PR誌「JAしまね自己改革の実現」
画像をクリックすると閲覧できます。

 

JAしまねの自己改革の取り組みをまとめた「JAしまね自己改革の実現」を作成しました。

 

今年は、第4回総代会資料の別冊の位置づけで作成し、6月24日の総代会でお配りしたほか、訪問日を活用した正組合員のお宅への配布や、支店窓口での備え置きを行っています。

冊子は、平成29年度の実績に加えて、組合員の皆さまの「声」を記載させていただいていますので、どうぞご覧ください。

JAしまねでは、自己改革目標である「農業者の所得増大」「農業生産の拡大」「地域の活性化」の実現に向けて引き続き組織を挙げて取り組みますので、ご理解、ご協力を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。

 

【本件に関するお問い合わせ先】
JAしまね 改革推進部 総合企画課(平井)
島根県松江市殿町19番地1
電話 0852-35-9014

 

平成29年7月版はこちらです>>

 

JAしまね自己改革の取り組み紹介

チャレンジ自己改革ロゴ.jpg

JAグループ自己改革の実現に向けた、JAしまねの取り組みについてご紹介します。

JAしまね農業戦略実践3カ年営農計画の取り組みはもとより、食農教育や社会貢献活動等を通じて、地域活性化と住みよい地域社会づくりを目指します。

 

● 「担い手ドック」のご紹介

● 地域社会への貢献

● TACのご紹介

● 「農業者の所得増大」・「農業生産の拡大」への取組

● 島根米の安定的取引拡大と販売拡大に向けた取り組み

● JAしまね畜産事業の新たな取り組み

● 「販売戦略室」のご紹介

 

 

農業振興支援事業事例紹介.jpg

JAしまねでは、経営拡大に向けた基盤整備や機械等の更新対策、圏域でのモデル事業を実施するために「JAしまね農業振興支援事業」に取り組んでいます。

 

● 松江市 「ゆうてん農園」

● 安来市 「農事組合法人のきの郷」

● 雲南市 「農事組合法人すがや」

● 隠岐の島町 「田中修司さん」

● 海士町 「サンライズうづか」

● 出雲市 「エドガー・ピミエント・チャモロウさん」

● 斐川町 「常松種苗株式会社」

● 大田市 「坂本さやか さん」