組合長あいさつ

竹下 正幸
島根県農業協同組合
代表理事組合長 竹下正幸

平素よりJAしまねの諸事業に、格別のご理解とご協力を賜り、厚く御礼申し上げます。

各地におけるこの度の豪雨災害により、被災された皆様に対しまして、心からお見舞いを申し上げます。JAとして1日も早い復興と再建に向けてお力になれればと思っています。

さて、暦の上では秋を迎えお盆も過ぎましたが、まだまだ暑い日が続いております。そんな中、早いところではすでに稲の刈り取り作業が始まっており、8月18日には出雲地区本部で米の初検査が行われるなど、いよいよ実りの秋を迎えます。東北では日照不足による影響が出ていると報道されておりますが、民間の調査機関の発表によりますと、島根県の作況については「平年並み」か「やや良」といった状況のようでございます。品質、量ともに良い結果となるよう祈っております。

組合員の皆様には、秋作業とは名ばかりの暑い中での作業になろうとは思いますが、体調管理を十分に行っていただき、熱中症予防に努めていただくとともに、農作業事故にもご注意いただきますようお願いいたします。

また、この度組合員の皆様に、JAしまねの自己改革に関する取り組み状況をまとめた「自己改革の実現」の冊子を作成し、訪問日等で配布いたしました。(ホームページにも掲載しております。)お目通しいただきますとともに、今後更に様々な場面で組合員の皆様との話し合いをすすめ、更なる自己改革に取り組んで参りますのでよろしくお願い申し上げます。

 

平成29年8月
島根県農業協同組合
代表理事組合長 竹下正幸

JAしまね「懸賞生活」
JAしまね 採用情報
トップへ