組合長あいさつ

竹下 正幸
島根県農業協同組合
代表理事組合長 竹下正幸

平素よりJAしまねの各般の事業にわたり、格別のご理解とご協力を賜り厚く御礼申し上げます。

はじめに、1月に襲来した寒波により被災された皆様に対し、心よりお見舞い申し上げます。この寒波による被害は島根県内で約1億5千万円にのぼり、当JAにおいても被災された皆様の農業生産施設の早期復旧が図られ、生産活動が早期に再開されますよう、農業災害復興対策支援事業、農業生産施設等の再整備のご支援をさせていただきますので、ご相談くださればと思っています。

さて、2月に入り今季最強と言われる寒波が先月に続き襲来しており、県内各地での雪害が気になる今日この頃ですが、早いもので平成29年度も残り2か月を切りました。JAしまねは昨年度より「農業者の所得増大」「農業生産の拡大」「地域の活性化」を最重点課題とした自己改革に取り組んでおり、農業振興支援事業、生産資材の価格低減、米の買取制度をはじめ販売対策強化、担い手支援の取り組み等、また、業績還元の実施と地域活動への活用、女性部活動や地域イベント等を通じ、地域全体での活性化等々に取り組んで参ったところでございます。2月から3月にかけましては、各地区で開催される集落座談会や自己改革に関する調査(アンケート)、役員によります農業者訪問などを実施する予定ですので、皆さまからの忌憚のないご意見をお寄せいただきますようお願い申し上げますととともに、今後もみなさまから、選ばれ、信頼され、ご利用いただけるJAになるよう、更に努力して参りますので、より一層のご理解とご協力を賜りますようお願い申し上げます。

 

平成30年2月

島根県農業協同組合
代表理事組合長 竹下正幸

JAしまね「懸賞生活」
JAしまね 採用情報
トップへ