青年部

よい農業のやり方=農業生産工程管理=GAP

2021年06月30日
6月29日(火)に出雲市において島根県GAP振興大会が開催され、竹下副会長と事務局で参加しました!GAP(Good Agricultural Practices:農業生産工程管理)とは、農業において、食品安全、環境保全、労働安全等の持続可能性を確保するための生産工程管理の取組のことです。
 当日は島根県内各地域のGAPを導入している団体、個人によるリレートークが行われ、実際の取り組み事例を聞くことができました。その中には島根県青協の役員の方もおられ、GAPを取り組んだ際のメリットを分かりやすく話しておられました。このGAP制度について徐々に認知されている所ですが、将来的にはGAPを行う事が農業では今後スタンダードになってくると思います。また島根県内の盟友においてもGAP導入に向けて研修会を開催してほしいという要望もあり、関係機関と連携して盟友の意見をボトムアップして島根県青協の活動に活かしていきたいと思います。
image0.jpeg
参加された役員の皆さんお疲れ様でした!!