青年部

園児とくにびき青年連盟が一緒に稲刈り☆

2020年11月18日

 くにびき青年連盟(上山根有史委員長)は10月7日、農業の魅力を知ってもらおうと、育英北幼稚園つき組(年長クラス)28名の園児と「きぬむすめ」の稲刈り体験を行い、収穫の喜びを体感しました。

 当日は、くにびき地区本部の北側に位置する7アールの田んぼに集合し、盟友やJA職員が実際に鎌を使用し、手本を見せながら、稲の刈り取り方を説明。

刈り方を説明する盟友.jpg

その後、園児たちは鎌を手にして稲刈りを開始しました。初めは保護者や先生と一緒に刈っていましたが、慣れてくるとひとりでも刈り進めていきました。刈った稲は、盟友や保護者がよりで縛り、園児たちが体全身を使って運び、はでに掛ける作業も体験。一連の収穫作業を終え、コンバインでの稲刈りを実施すると、初めて見るコンバインでの刈り取りに園児は大喜びでした。

コンバインでの刈り取りを見学する園児2.jpg