くにびき地区本部

2018年10月30日 サンサン女子大6期生スタート!

2018年10月30日

くにびき地区本部は10月30日、営農総合センターで第6期「JAしまねくにびき女性大学」(愛称:サンサン女子大)の入学式を挙行し、6期生23名と大学院生29名の合計52名が入学しました。

同女子大は、市内に在住もしくは勤務されている女性を対象に、平成20年10月より2年一期として開校。山陰中央新報社文化センターと協力し、食と農を基軸として料理や健康、文化などさまざまなテーマで2年間にわたり「女子力アップ」と相互交流や農業、JA理解を目的に開講します。

当日は、学長の栗原令本部長が「さまざまな講座を通じて自身を磨き、仲間とともに新しい感動を発見してもらいたい」と挨拶。続いて6期生を代表して安部史子さんが「親睦を深め、相談し合える仲間を作りたい」と所信を述べました。式後の初講座では副学長の越野浩昭企画総務部長が講師となり、寸劇を交えてJA基礎を開講。協同組合の成り立ちやJAしまねの概況などについて学びました。

 初心を述べる安部さん.JPG  JA基礎講座を受講する参加者.jpg