女性部

JAしまね西いわみ女性部フレッシュミズ部会 自分だけのクラフトバックづくり

2019年04月16日

 4月13日(土)JAしまね西いわみ地区本部(益田市)にて、JAしまね西いわみ女性部フレッシュミズ部会による「自分だけのクラフトバックづくり」が開催されました。

 クラフトバックとはクラフトテープ(紙バンド)を使って籠を作るように編み上げるバックのことで、女性なら誰もが一度は見かけたことのある、おしゃれなバックです。

 お店でも販売されていますが、結構なお値段がする商品なので、これをフレミズで作ってみましょう♪

という企画です。

 まず参加者は、好きなバッグのデザイン・カラーを選んだ後、講師の藤井部会長(JAしまね西いわみ女性部フレッシュミズ部会長・JAしまね女性部フレッシュミズ部会副部会長)と村上支店長(JAしまね西いわみ地区本部日原支店長)の指導により、クラフトテープを決められた長さに切る作業から取り掛かりました。たくさんのテープパーツを用意するだけで大変な作業でしたが、更に籠を編み始めると、それまでのおしゃべりもどんどん少なくなり、参加者は超真剣!!!

 昼食もそこそこに黙々と編み続け、ほとんどの参加者が閉会時には、おおよその形に仕上がっていました。小学生のお子さんも2名参加していましたが、素敵なバックと小物籠が完成していました。

 このクラフトバックは、慣れてくると工夫次第で色々なアレンジができ、春夏のファッションにもぴったりでプレゼントにしても喜ばれそうです。

 「このバックづくりに参加したかった。今日は子どもや家庭から離れて、大切な私の時間です。」と言った参加者の言葉が印象的でした。

 「私はみんなで、あれこれお喋りしながら楽しむフレミズ活動が大好きです。西いわみフレミズ活動は、今年度も楽しい企画が盛沢山です。」と笑顔で話していました。

20190413西いわみフレミズ 自分だけのクラフトバックづくり.jpg