女性部

JOY♪JOYちゃぐりんふぇすた を開催しました

2018年08月02日

30.7.21JOY♪JOYちゃぐりんフェスタ①.JPG

 7月21日(土)ふれあいの家出雲「縁」(ラピタ本店2階)にて、JOY♪JOYちゃぐりんふぇすたを開催しました。

 

 今年、県フレッシュミズ部会では「フレッシュミズ活動の周知・PR・部員加入」を目標に掲げ、部員に限らず「食」「農」「くらし」「子育て」のキーワードを軸に活動しているフレッシュミズ部会に興味を持って頂ける方や、活動に賛同してくださる方々に、どんどん活動に参加して頂くため、5月、6月のもぐもぐPizzaパーティーに続く第2弾の企画です。

 

30.7.21JOY♪JOYちゃぐりんフェスタ②.JPG 午前中は、ちゃぐりん掲載中の「サイエンスクッキング」を子ども達と楽しみました。サイエンスクッキングとは、調理による食材の変化を科学的・理科的視野から考え、子ども達の好奇心を掻き立てる、科学的実験要素を盛り込んだ食育活動です。

 紫キャベツの色素を取り出して、これに「酢」「レモン汁」「塩水」「砂糖水」「重層水」「袋入りこんにゃくの水」を加え、色の変化を観察しました。

 

 

30.7.21JOY♪JOYちゃぐりんフェスタ③.JPG

 紫キャベツ水の色が変化した瞬間の子ども達の表情は、とてもキラキラ★していて、実験結果をメモにとったり、質問したり...。保護者も一緒になって楽しく学習しました。

 

 昼食には昨年より、JAしまね女性部が取り組んでいる「ニコニコおむすび大作戦」を全員で実行です。

 金芽米をつかった「藻塩おむすび」「もろこしご飯のおむすび」をみんなで一斉ににぎりました。金芽米がいつも食べているお米と、どうちがうのか、味や香り、食感の違いを感じて頂きました。

 

 午後からはペットボトルを使った工作「がちゃがちゃ」を作りました。

 街角に置いてある子ども達が大好きな「がちゃがちゃ」に見立てて、つまみを回すとピンポン玉が落ちてくる仕掛けです。

 子ども達も夢中...保護者も童心に帰って夢中...。1時間の時間内で、全員が完成することができました。(夏休み初日にして、夏休みの宿題の工作が完成しました...よかった、よかった♪)

 

 例年とは一味ちがう「JOY♪JOYちゃぐりんふぇすた」でしたが、とても楽しい時間をみなさんと過ごせました。