女性部

「ニコ(2個)・ニコ(2個)おむすび大作戦in営農経済本店」を開催しました!

2018年06月12日

平成29年度に引きつづき、JAしまね女性部では全国のJA女性組織とともに、「みんなでやろう!ニコニコおむすび大作戦」を通じて、おむすびを使ったコメの消費拡大や食と農への理解を深める活動の取り組みを行っています。
具体的には、JA女性組織のメンバーまたは、各種イベント等の参加者がおむすびを2個握り、自分または誰かに食べてもらい、米の消費を拡大しながら、仲間をもっと増やそうという活動です。

平成29年11月には、殿町本店で常勤役員・職員を対象にフレミズ部会役員がこの大作戦を実施しました。役員・職員自ら参加することで、より女性部・フレミズ組織への理解、活動の周知・理解につながりました。

今回は第2弾として4月19日に、平成30年度新入職員に向けてこの取り組みを、フレッシュミズ部会の役員6名で作戦を実行しました。
新入職員研修の昼食時にあわせ、島根県産米の「きぬむすめ」「金芽米」の藻塩むすび、「地元特産板わかめのまぜご飯」でおむすびを握り、宍道湖産のしじみ汁とともに味わって頂きました。

参加した新JA職員は「シンプルな塩むすびだけに、お米の美味しさがよく分かりました。」「金芽米ときぬむすめの味の違いが分かりました。」「おいしい島根のお米を多くの方に食べてもらいたいです。」などなど...。
「おかわりしていいですか?」との多くの声に、フレッシュミズ部会役員も笑顔でした。
「朝早くから大変だったけど、楽しかったね!」
「たくさん食べてもらって良かった」
「今度は何する???」...と、元気なフレミズ部会役員らしい感想でした。