いわみ中央地区本部

JA女子大学10月「干し柿作り」

2019年11月18日

JA女子大学いわみ中央キャンパスは、地区本部ふれあいホール(浜田市黒川町)にて10月の講義「干し柿作り」を開催しました。

三隅町の西条柿生産者・三浦求さんを講師に招き、柿の選び方から干し方、管理方法までの指導を受けました。用意された柿の中から「熟れ過ぎず・青過ぎず・大き過ぎず」の基準をもとに一人20個を選び、ピーラーや包丁で皮を剥き、枝付きのものはそのまま、枝の無いものはクリップを使い縄に掛けていきました。

作業後の管理方法については「風通しが良い場所に吊るし、雨に濡れないように」「カビに注意するが、もしもの時は扇風機で強制的に湿気を飛ばす方法もある」とアドバイスを受けました。

女子大学学長の佐々木豊本部長からは、「今年は天候不順で果樹にも大小の影響があるが、地元の食材をたくさん食べることで地域の応援をしていただきたい」と挨拶がありました。

当日はNHKの取材もあり、JA女子大学と西条柿のPRをすることができました。

201910干し柿作り.JPG