いわみ中央地区本部

JA女子大学4月「ウインナー作り」

2019年09月10日

JA女子大学いわみ中央キャンパスは、4月の講義「ウインナー作り」を開催しました。

講師に株式会社島根ポークのケンボロー手作りハム工房・松本進工房長を招き、ウインナーとソーセージの違いや、ハムの種類について、また発色剤や結着剤についても教えていただきました。

講義後に実習に入り、香辛料を混ぜ込んだ豚挽き肉を羊の腸の中に詰めていく工程に挑戦しました。専用の器具を使って挽き肉を均等に詰めるには力加減が難しく、受講生は悪戦苦闘しながら成形していました。

出来上がったソーセージはさっそく、フライパンでこんがりと焼き色をつけてから蒸し焼きにして試食しました。

201904ウインナー作り.JPG