斐川地区本部

水稲苗配達始まる

2020年06月23日

斐川地区本部では、5月10日から職員による「コシヒカリ」「きぬむすめ」「つや姫」の水稲苗配達が始まりました。今年で20回目の活動となり、地域に根付いた行事として定着しています。早朝から水稲育苗施設を出発し、2人1組で利用者が指定した圃場へ苗箱を配置していき、使用した苗箱の回収も行います。また、今回は新型コロナウイルス感染拡大防止策として、マスク着用での配達を行いました。今年は3万7,718箱の注文があり、田植えのピーク時には1日に9組の班が活動し、1組が200~250箱の苗箱を配達しました。今年初めて取り組んだJA職員は「組合員さんとふれ合い、繋がりがもてて良い経験になった。少しでも地域に貢献できるようにこれからも頑張っていきたい」と意気込みを話しました。

苗配達.JPG