女性部

「第41回みどりをまもる小学生作文コンクール」の審査結果について

2019年12月18日

 JAしまね女性部では、昭和54年から児童が自然、環境、農業、食料、地域行事等に関心を抱くことをねらいとし、子ども達が作文を書くことを通じて、自然の恩恵や農業への理解を深めるとともに、思いやりや感謝の心、生きる力をはぐくむことを目的とし、「みどりをまもる小学生作文コンクール」を実施しています。
 今年度は、33校135名の児童のみなさまより応募がありました。

 10月18日(金)に一次審査会を開催し、1年生5点、2年生14点、3、4、6年生10点、5年生9点の、計58点の入選作品を選考しました。

 11月6日(水)松江市の島根JAビルにて、二次審査会が開催され、審査委員長の三原久義氏(島根県教育庁教育指導課 学力育成スタッフ企画幹)をはじめ、15名の審査委員により各賞を選考いただきました。
※ 特別賞受賞者は下記のとおり

 三原久義審査委員長は、「豊かな自然体験の積み重ねに裏付けされた、ふるさと島根の自然、環境、農業、食料、地域行事等についての見方、考え方、感じ方を各々が深めていることが伝わってきました。豊かな実体験が基となって書かれた作品は、作者の感情や思いがつまっており、どの作品からも大きな感銘を受けました。次代を担う子どもたちがふるさと島根のよさを実感し、理解し、地域に貢献したいという気持ちも伝わってきました。これから成長していく過程の中で、自分たちのふるさと島根を自分のこととして捉え、見つめ、そして考えることを通して、ふるさとを思い、大切にしていこうとする心情を育んでもらいたいと切に願います。」と講評をいただきました。

 受賞されました児童のみなさん、おめでとうございました。

 また、ご応募いただきました児童のみなさまに、心より感謝申し上げます。

 なお、12月中旬を目途に、58点の入選作品を「第41回みどりをまもる小学生作文コンクール作品集」にまとめ、入選者の児童のみなさま、ご応募いただいた小学校へお送りいたします。

特別賞受賞者

※題名をクリックすると、作品がご覧いただけます。

特別賞題名氏名学校名・学年
島根県知事賞 「いのちをまもる」 いのうえ れんま
井上 漣真
出雲市立塩冶小学校2年
島根県教育委員会教育長賞 おじいちゃんの田んぼ やまね かおる
山根 かおる
大田市立大田小学校6年
農林中央金庫
松江営業所長賞
きれいな川にするために かりた さき
苅田 咲妃
大田市立長久小学校4年
島根県農業協同組合
組合長賞
米作り ますだ かいち
益田 嘉壱
大田市立高山小学校5年
JAしまね女性部長賞 おこめがたおれていたよ しばお ちひろ
芝尾 知紘
大田市立高山小学校1年
JAしまね女性部長賞 池田のねぎ いち あいみ
市 愛未
大田市立池田小学校3年