平成29年度「地域貢献・地域活性化団体活動」表彰式を開催しました

2017年11月21日

JAしまねは11月17日(金)、松江市で平成29年度「地域貢献・地域活性化団体活動」表彰式を開催しました。

この制度はJAしまねの地域貢献活動の一環として、地域貢献・地域活性化に取り組むグループ・団体等の多様な取り組みの表彰や活動資金を支援することにより、「地域力」の向上を応援していくこととして、平成25年度から実施しており、今年で5年目となります。

表彰式では、竹下正幸組合長が「地域のためにご活躍されている皆様をJAしまねの地域貢献の取組みの一つとして表彰させていただいた。今後の皆さんのますますのご活躍を祈念するとともに、JAしまねも皆さんと一緒になって地域貢献に取り組みたい」と挨拶しました。

江津市で花田植えを通じて自然への恵み、植物への感謝を伝える活動に取り組む「川平町花田植実行委員会」の佐々木英夫代表は「人に、地域に元気になってほしいと思い、花田植えを始めた。地域の農業法人やJAをはじめ、多くの方々と連携し、活動させてもらっている。今回の表彰を受け、今後も一層励みたい」と喜びを語りました。

表彰状を受け取る佐々木代表
写真=表彰状を受け取る佐々木代表

 

受賞された皆さんと記念撮影
写真=受賞された皆さんと記念撮影

 

その他の表彰団体は以下のとおりです。
▽NPO法人かみいとう(松江市)、JAしまねくにびき女性部営農加工グループ(松江市)、馬木ボランティアグループ(奥出雲町)、稗原地区神楽社中連絡協議会(出雲市)、北浜かもめ会(出雲市)、出雲地区防犯ボランティア連合会斐川支部(出雲市)、富山町和牛改良組合(大田市)、上田平佐棚田保存会(邑南町)、商人榊生産組合(津和野町)

JAしまね「懸賞生活」
JAしまね 採用情報
トップへ