平成29年度島根県種畜共進会を開催しました!

2017年10月27日

JAしまねは21日、松江市の島根中央家畜市場で種畜共進会を開きました。
県内各地区本部の選抜界を勝ち上がった肉用種44頭と乳用種30頭が出品され、育種改良の成果や飼養管理技術を競いました。

肉用種牛は成雌牛区の首席牛で大田市温泉津町の二柿真悟さん(58)が出品した「はつはな」、乳用種牛は出雲市の永瀬哲也さん(29)出品の「エバーエンゼル トライアングルメレンゲ」がグランドチャンピオンに輝き、農水大臣賞を受賞しました。


写真=県内の選抜会を勝ち上がった牛たち

 

また、会場ではしまね和牛の焼肉コーナーやしまね和牛精肉の販売等が行われました。
主催したJAしまねの竹下正幸組合長もしまね和牛の焼肉を食べました。
「やはりしまね和牛は本当においしい。生産者の思いがこもっているのが伝わる。JAしまねも、しまね和牛が安全安心でおいしい和牛であることを全国に知っていただけるよう頑張りたい」と意欲を見せていました。


写真=しまね和牛の焼肉を楽しむ竹下組合長。焼肉コーナーはしまね和牛の美味しさを味わう人で大盛況でした。
JAしまね「懸賞生活」
JAしまね 採用情報
トップへ