第41回「ごはん・お米とわたし」作文・図画コンクールにて松江市立川津小学校と益田市立吉田小学校の児童が農林水産大臣賞を受賞しました!

2016年12月13日
松江市立川津小学校3年 矢田小夏さん「はなえちぜんのいねかり」

 

益田市立吉田小学校5年 福𠩤颯太さん「田植え」

 

昭和51年から開催し、今年で41回目を迎える本コンクールは、JAグループが推進する「みんなのよい食プロジェクト」の一環として実施しています。これからの食・農・地域を担う子どもたちに、ごはん・お米はもとより、国土を豊かに作り上げてきた稲作をはじめとする農業についての学びを深めてもらい、また、優れた作品を顕彰することを通じて、ごはん・お米の重要性を広く周知することを目的としています。

今回の応募点数は作文部門52,110点、図画部門69,805点でした。各都府県での審査を経て、11月22日(火)および24日(木)に東京・大手町のJAビルで全国審査会(審査会委員長=中村靖彦氏(東京農業大学客員教授・農政ジャーナリスト))を開催しました。審査の結果、内閣総理大臣賞(2名)、文部科学大臣賞(6名)、農林水産大臣賞(6名)、全国農業協同組合中央会会長賞(6名)、優秀賞(90名)、学校奨励賞(14校)が決定し、当県から松江市立川津小学校3年の矢田小夏さんと益田市立吉田小学校5年の福𠩤颯太さんが農林水産大臣賞に入賞しました。

入賞おめでとうございます!

コンクール名および応募作品数

第41回「ごはん・お米とわたし」作文・図画コンクール
作文:52,110点  図画:69,805点

○入賞者

(1)農林水産大臣賞(2位相当)

  1. 図画第1部(小学1年~3年)
    松江市立川津小学校3年 矢田小夏さん「はなえちぜんのいねかり」
    <講評>
    コンバインを使って一人での作業。刈り取り前の前後の違いを描き分けた見事な出来栄えである。背景の山と森と、人家の配置も好ましく、ほっとさせてくれる秀逸な作品。今後の成長を大いに期待したい。
  2. 図画第2部(小学4年~6年)
    益田市立吉田小学校5年 福𠩤颯太さん「田植え」
    <講評>
    田植えの4人それぞれの姿勢が異なっている描き方が自然で、見事である。植えた苗の成長を願い、いとおしく思う気持ちが伝わってくる作品である。バランスの良い群像の描き方が好ましい。また、色使いも巧みで、今後の成長が期待される。

(2)優秀賞

  1. 作文第1部(小学1年~3年)
    大田市立池田小学校2年 藤原海舟さん
    作品名「じいじの田んぼはすごいんだよ」
  2. 作文第2部(小学4年~6年)
    大田市立池田小学校5年 藤原杏菜さん
    作品名「生き物たちにもやさしいお米づくり」

(3)学校奨励賞

  1. 島根県松江市立川津小学校
  2. 島根県益田市立吉田小学校

その他入賞者一覧はこちらです。

以上

JAしまね「懸賞生活」
JAしまね 採用情報
トップへ